WORLD

「その日、遂に人類は絶滅危惧種になった…。」  新しい冒険の舞台 デストキオ

死の大地と化した かつてのTOKIO地区【デストキオ】

過去シリーズからさらに数十年後の世界、そして人類滅亡寸前の“真・世紀末”の時代。
本作は、かって“ニッポン”と呼ばれた国のメトロポリス、今では廃墟と化した
通称「デストキオ」を舞台に展開する。

突如出現した、大規模な自然災害に匹敵する超弩級モンスターの来襲で、
死滅したかに思えたデストキオの人々。
だが、奇跡的に生き延びたごく僅かな生き残りのものたちは、運命の糸に導かれ、
近未来の最新テクノロジーの残された科学の砦「アイアンベース」へ辿り着くことになる。
主人公タリスと人類最後のサバイバーたちの闘いが、今始まる。

かってのTOKIO湾岸地区「東京砂漠」

東京砂漠には、アイアンベースに隣接する「アイアンタウン」以外に
いくつもの難民キャンプが存在していたが、
タリスがアイアンベースに到着する10日ほど前に、
凶悪な新種のモンスターSoNsの大規模な襲撃をうけ壊滅状態となっている。